光線力学療法(Photodynamic Therapy; PDT) とは?

光線力学療法とは「」と「光感受性物質」の協同効果により発生する「活性酸素種(ROS)」を利用した治療法。癌、皮膚病、眼病 (加齢黄斑変性症) などの疾患に適応されており、 患者様の精神的・肉体的負担が少ない低浸襲性(QOL が高い) であることで近年注目を集めている。光によって励起された光感受性物質が細胞内で 「活性酸素種」 を発生させる。この活性酸素種が疾患細胞に不可逆な損傷を与え、アポトーシス (細胞死) を誘導する。

PDT 治療の一般的手順

技術内容

ページのトップへ戻る